カラコンの洗い方

  

カラコンの洗い方

カラコンの洗い方

 

きれいなカラコンを使うにはきれいに洗う事が大切

カラコンは目に直接触れるものですので1日装着すると、そのレンズには汚れが付着してしまいます。正しい洗浄や保存をしないと、翌日には顕微鏡などでみるとびっくりするようなカラコンになってしまいます。もちろんそんなカラコンを付けると考えただけでゾッとしますよね。清潔に使う為にカラコンを正しく洗いましょう。

 

カラコンを外す前には必ず石鹸で手を洗います。手を洗った後、タオルで拭くことが多いと思いますが、手ぬぐいで拭いた方が良いです。なぜならタオルの繊維が手についてしまい、その繊維が目に入る可能性があるからです。手を洗ったら、コンタクトレンズのケースを洗います。水道水ではなくコンタクトレンズ専用のケア用品液ですすぎます。

 

これは水道水からカラコンへの細菌の付着を防ぐためです。以上の準備が出来たらカラコンをそっと外します。外したカラコンは利き手と反対の手のひらに乗せます。そこにコンタクトレンズ専用のケア用品液をカラコンが浸るくらいたらします。そしてレンズの表、裏両方とも聞き手の指の腹で洗います。最後にコンタクトレンズ専用のケア用品液ですすいで、コンタクトレンズ専用のケア用品液の入ったケースに入れば洗浄完了です。

 

 

こすり洗いの重要性と効果

カラコンの洗い方は「こすり洗い」と呼ばれます。レンズの表を手の平と人差し指の間で20〜30回ほど一定方向に真っすぐ指を動かします。裏も同じように手の平と人差し指の間で20〜30回ほど一定方向に真っすぐ指を動かします。レンズを洗う時は必ず一定方向に動かして下さい。円を描くように洗うとレンズが破れてしまう可能性があります。

 

こすり洗いをするとしつこい汚れや雑菌を取り除くことが出来ます。コンタクトレンズユーザーから報告される症状にアカントアメーバ角膜炎があります。このアカントアメーバはこすり洗いをすることでほとんどの場合除去できます。アカントアメーバの他にも体の中から出てくる汚れ、脂質やカルシウムもこすり洗いで落とすことが出来ます。

 

 

ケースにも注意が必要ですよ

コンタクトレンズには気を使うと思いますが、実はレンズと同じくらいケースも重要です。ソフトレンズの場合は2週間〜1ヶ月に一度、ハードレンズの場合は2ヶ月に一度を目安にケースを交換するといいです。




ホーム ランキング カラコン通販 モデル愛用カラコン カラコンの豆知識 運営ポリシー