カラコンの着用方法

  

カラコンの着用方法

 

カラコンといっても基本的には普通のコンタクトレンズと同じです。カラコンをすでに使っている方もこれからカラコンデビューする方にもわかりやすく解説していきます。

 

目を守るためにも清潔に

カラコンを付ける時にはバッチリメイクをする時という方が多いと思います。カラコンはメイク前に装着した方が良いです。なぜなら、カラコンによって目の印象は全く変わります。裸眼のまま化粧をし、最後にカラコンをすると化粧が濃すぎるということもありえますので注意が必要です。また、カラコンを入れる際まぶたを触る為化粧が崩れてしまいがちです。

 

化粧をきれいに仕上げる為にもノーメイクの状態でカラコンを装着しましょう。まずは鏡を準備します。装着には両手を使うので、スタンドタイプの鏡や洗面所の鏡がつかいやすいです。そして石鹸で手を洗います。コンタクトレンズは目に直接触れるものです。手が汚いとそこから目に雑菌が入り、目の病気にもつながるってしまいます。

 

 

つける前が大事!注意深く確認を

カラコンの右と左を確認します。もちろん度なしのカラコンの場合はどちらにつけても変わらないので確認の必要はありません。しかし度ありのカラコンをお使いの場合は、左右を間違えると違和感があるだけでなく、めまいや吐き気が起こることもあります。次にカラコンの裏と表を確認します。コンタクトレンズは人間の目のカーブに合わせて作られています。人差し指に乗せてコンタクトレンズの端が反り返らなければ、人差し指にあたる部分が表となるのでそのまま装着できます。

 

 

いざ装着!怖がらなくても大丈夫

装着する際には、利き手の人差し指にコンタクトレンズをのせ、反対の手で入れるほうの目のまぶたを抑え、目を大きく開きます。この時瞳がすべて見える状態だと装着しやすいです。そして瞳の上にそっと置くように乗せます。乗せたらそっと指を離します。重要なのはそっと離す事です。ここで勢いよく離すと瞳からカラコンがずれてしまう可能性があります。指を話したらパチパチと2?3回まばたきをして装着完了です。




ホーム ランキング カラコン通販 モデル愛用カラコン カラコンの豆知識 運営ポリシー